受験前に塾に行くべきかどうか、ずばり教えます

基本的にはいかなくて問題はない

受験前になったら塾に行ってさらに実力をつけていきたいと思うでしょう。また、親であれば塾に行かせて学力の向上を図りたいと考えるのではないでしょうか。しかし、はっきり言って塾に行く必要はありません。なぜなら、塾に行かなくても勉強をすることは可能だからです。また、塾に行くことで貴重な睡眠時間を削ることになるからです。人間は睡眠時に記憶の整理を行うため、睡眠をとることは学習の定着と深く関係してきます。つまり、十分な睡眠がとれないといくら学習したとしても実力として身につかないという事です。それならば、塾に行かずに家で勉強をし、正しい睡眠をとる事を優先したほうがいいでしょう。志望校のレベルが自分に合っているのであれば、無理をして学力を上げる必要はありません。

高みを目指すのであれば塾へ行こう

塾に行くべき人は、より高いレベルの学校を受験する人です。しかし、これはあくまでもっと勉強をしたいと思っている人のみです。何となく自分の実力よりも高い学校に行きたいというような適当な意志では塾に行く必要はありません。むしろ家で勉強をしていたほうがいいです。プラスの意志をもって塾に通うのであれば、高いレベルの塾生と切磋琢磨しあいながら効率よく勉強に取り組むことができます。また、いい塾の講師と出会うことができれば一人で勉強するよりも効率的に学習を進めることができるかもしれません。簡単に言うならば、もっと勉強をしたいと思っている人のみ塾に行けばいいという事です。たとえ受験生だとしても、とりあえず塾に行くことはおすすめしません。

学習塾と言えば、学校で学ぶ部分では足りない知識や学校の勉強の復習をしたりする場所です。今は多くの子供たちが通っています。

Back to Top