色々な方法がある!心理学の学び方について

大学や短大で心理学を専攻する

全国には、心理学を専門とする学部や学科を備えた大学や短大が存在します。短大の場合は基礎的な内容に終始しますが、卒業後に大学に編入すればより専門的な勉強を続けることが可能です。また、心理学系の学部を卒業することで臨床心理士の受験資格が得られます。

通信制の大学で勉強する

仕事をしながら心理学の勉強をしたい方には、通信制の大学で勉強することをおすすめします。通信制であれば通学の必要がないため、自分の好きな時に勉強することができます。履修計画も自分次第なので、マイペースに勉強したい時にもぴったりです。通信制とは言え、学べる内容は本格的です。

大学院で更に専門性を高める

心理学をより専門的に勉強したい場合には、大学院に進むという選択肢もあります。心理学が学べる大学院に入るためには、関連した学部を卒業しておくことが必要です。研究内容が評価されれば講師として残ることも可能で、将来的に教授になるのも夢ではありません。

通信教育の講座を受講する

もっと気楽に心理学を学びたい時には、通信講座を利用してみてはいかがですか?通信講座であれば、初心者にもわかりやすいテキストを用意してもらえるため安心です。講座によっては、受講後に心理学に関する民間の資格が取得できるようになっています。

関連書籍を読んで独学に励む

趣味程度に心理学を勉強したい方には、関連書籍を読んで独自に勉強することをおすすめします。心理学を解説した漫画など読みやすい書籍が色々と出版されているため、遊び感覚で心理学を身に付けることができます。恋愛系などピンポイントでまとめた書籍も多く、自分の好みによって選ぶことができるというメリットもあります。

心理学の大学は主に文系の大学に多くあり心理学部や教育学部、社会福祉学部等さまざまな学部で心理学を学ぶことができます。しかし、心理学はさまざまな分野があるため大学ごとにきちんと調べる必要があります。

Back to Top