会社に合った賃金規定が必要!社会保険料の節約も大事です!

会社に合った賃金規定の提案

会社にはそれぞれ就業規則があり、それに基づいて従業員は仕事をします。就業規則の中には別途賃金規定などが決められていて、賃金はそれに基づいて決められます。賃金テーブルであったり昇給の仕組み、手当などが決められています。賃金が多ければ従業員のやる気をアップできますが、その分会社にとっては人件費のアップにつながります。賃金は高すぎても低すぎても会社の経営には良いと言えません。社会保険労務士は労務管理に関するスペシャリストです。賃金に関する提案などもしてくれ、人件費を下げたいとき、従業員の士気を上げたいとき等に対応してくれます。年功序列型の賃金規定をしている会社に、成果主義型の賃金規定の提案などもしてもらえます。

社会保険料の節約の提案

従業員を雇用すると給料を支払います。その給料から一定の費用を天引きする決まりがあり、所得税を源泉徴収したり、社会保険料を天引きしたりします。社会保険料には健康保険や厚生年金保険などからなる社会保険分と、雇用保険と労災保険の労働保険料の2種類があり、多くなれば当然企業の運営に影響を与えます。どうせ払うならできるだけ少なくした方が企業経営が楽になります。社会保険労務士は社会保険と労働保険の専門家なので、どうやってそれらの保険料が決まるかを熟知しています。社会保険料は標準報酬によって決まる部分があり、それをうまく利用すると普通に計算するよりも節約できるときがあります。人件費削減のためにいろいろ努力をしてもらえます。

社会保険労務士の就業規則を参考にしてみませんか。業務を見直す良い機会にもなります。特に超過勤務や有休については詳しく教えてもらえます。

Back to Top