デザイナーとしての基礎知識を身につけられる

ファッションに興味があり、将来デザイナーになりたいという夢を持つ人もいるでしょう。しかし、ただファッションが好きというだけではデザイナーにはなれず、秀でたファッションセンスのほか、企画力や情報収集能力、コミュニケーション能力などが必要となります。

ファッションデザイナーになる方法は、アパレル会社に就職したり、デザイナーに弟子入りするなどの方法がありますが、最も近道なのがデザイン専門学校に通う方法でしょう。デザイナーとして必要な基礎知識を身につけられるうえ、ファッション業界で働きたい仲間と共に学び、刺激を受けることもできます。デザイン専門学校に在籍中にとっておきたい資格としては、洋裁技術認定試験やパターンメーキング技術検定、服飾インストラクター認定試験などがあります。

デザイナーとして活躍できる就職先を見つけやすい

デザイン専門学校に通うとなぜ近道なのかというと、専門学校はファッション業界と強いパイプでつながっているため、デザイナーとして活躍できる就職先を見つけやすいからです。まずはアパレル会社に就職して仕事のノウハウを身につけ、そこからデザイナーとして頭角を現していくことも可能です。自分自身のブランドを持ったり、世界的なデザイナーになるには長い道のりがありますが、デザイン専門学校はその足掛かりとなるでしょう。

日本にも世界に誇る有名なデザイナーがおり、世界中の人々から愛されるコレクションを発表しています。基礎力をしっかりと培い、世界へ羽ばたいてみてはいかがでしょう。

服飾の専門学校では、業界との太いパイプが存在するため、毎年多くの求人が集まります。また、就職のサポート体制も充実しており、よりスムーズな就職を目指せます。

Back to Top