iDeCo(確定拠出年金)を活用しよう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)て何?

少子化が進み年金制度が危ないと言われている現代社会。老後に不安を感じている方は多いのではないでしょうか?

そこで誕生したのが私的年金にあたる「iDeCo(個人型確定拠出年金)」。端的に説明すると、自分の老後の資産を現役の間に自分で準備する年金!ということになります。そこが公的年金との大きな違いです。具体的には、掛け金を拠出し、株や投資信託などに投資することによって資産を増やしていく制度ということになります。

IDeCoのメリット・デメリット

IDeCoが注目を集めているのは、年金に不安を抱える人が多いという理由だけではありません。その他に下記の理由があげられます。

1.掛金・運用益・給付の際に税制優遇が受けられる。

2.掛金額を5,000円から1,000円単位で設定することが可能。

上記2点がiDeCoの主なメリットとなりますが、年金制度に位置する為、原則60歳以降にしか引き下ろしかが出来ないなどのデメリットがあります。メリットとデメリットを考慮した上で、有効活用することをお勧めします。

資産運用て何?資産運用の基本。

先に述べたようにiDeCoで資産を形成する為には、資産運用を行う必要があります。「資産運用なんてしたことないし。なんだか怖い。」という方は多いのではないでしょうか?

そこで知っておきたいのが「リスクコントロール型」の商品。マーケットの急激な変化にも対応出来るようファンドマネージャーが調整を掛けてくれる商品のこと。初心者の方にとっては心強い商品と言えるでしょう。

金融機関によっては、運用相談をコールセンターで受け付けている会社もあります。迷った時・困った時はコールセンターを活用して、豊かな老後のための資産づくりを成功させたいものです。

iDeCOは、金融商品に詳しくない投資初心者であってもわかりやすい制度になっており、税制面で優遇がされています。

Back to Top