自分で探せるの?欠員があればどこでも自由に行ける?

受け入れ先の学校で欠員が出ているかどうか

学校では、それぞれ定員を定めています。公立の小学校や中学校はその地域に住んでいれば誰でも行ける仕組みなので、特に定員はありません。でも高校はそれぞれの学校で施設や教諭の事情が異なるので、事前に定員を決めてその範囲で生徒を入学させるようにしています。高校の転校をしたいとき、転校先の高校で欠員が出ていなければ行えません。これは特別な事情があるときであっても、引越しなどで通学が難しいときであっても同じになります。欠員情報は個人ではわからないので、必ず今通っている学校に聞きます。引越しなどの時は、現地の教育委員会などに問い合わせてくれて、欠員があってレベルも近いところなどを教えてくれます。特別な事情があるときは、近くの学校で欠員があるかどうか調べてくれます。

受け入れのための試験が実施される可能性

全日制の高校に入学するとき、誰でも入学試験を受けます。この時は、中学時代の内申と当日の入学試験を加味して合否が決まります。なぜ高校で入学試験が行われるかですが、公立中学とは違いそれぞれの高校で授業のレベルが異なるからです。どの学校でも卒業をすれば同じ高卒ですが、それぞれで知識や能力は大きく異なります。高校を転校したいとき、欠員などがあればとりあえずは申し込みができます。しかしそのまますんなり入学できるわけではありません。学校によっては受け入れのための試験が実施されます。これは、その学校の授業に付いて行けるかどうかを判断するための試験です。レベルの高い学校だと難しくなりますし、低い学校なら簡単に入れるでしょう。

高校を転校する理由は家庭の事情や人間関係、いじめなどさまざまです。場合によっては通信制の高校に通うなどしたほうが効果的です。

Back to Top