メイクアップアーティストって?

「メイクアップアーティスト」と聞くと、芸能人やモデルにメイクをする職業の人を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、芸能の場で活躍する人はもちろん、ヘアサロンやブライダルで一般の方にメイクを施す職業の人も、「メイクアップアーティスト」と呼ばれています。

例えば成人式などでヘアメイクをしてくれたり、結婚式のお呼ばれの時に美容院でヘアメイクをしてくれる人もメイクアップアーティストです。意外と私たちの身近な職業のひとつでもあります。

化粧品メーカーのメイクアップアーティスト

デパートなどの化粧品売り場で、メイクをしてくれるスタッフがいます。そのスタッフもメイクアップアーティストの資格を持っている方が多いです。

自身の所属している化粧品メーカーの商品をアピールするために、幅広い化粧品の知識、お客様とのコミュニケーション能力が必要になります。お客様の肌の調子、好みの色や似合う色をカウンセリングし、お客様に満足していただけるメイクを提供しているのです。

ブライダル業界のメイクアップアーティスト

一生に一度の晴れの日である結婚式。お客様が何百万円とかけた大事な一日は、やはり新婦のヘアメイクの満足度で大きく差がつくものでしょう。そんな大きな責任を担っているのが、ブライダル業界で活躍するメイクアップアーティストです。

新婦の理想のヘアメイクを実現し、一生に一度の日にふさわしいヘアメイクを新婦と一緒に創り上げていきます。新婦ひとりひとりリクエストのヘアメイクを実現するために、高い技術も必要になります。

メイクアップアーティストは、お化粧のプロフェッショナルです。テレビや映画、ファッションショーなどの現場で出演者にメイクを施したり、結婚式場のブライダルメイクを担当したりします。

Back to Top